スピリチュアル・ロハス小説『天上のシンフォニー』公式サイト

header
home news characters important place narration gallery keywords link contact
 

主な登場人物

 
イギリス在住の日本人ツアーガイド。南海岸に面したロハスタウン、ブライトンに住み、ストーンヘンジなどのパワースポットへ日本人旅行者を連れて行っている。3年前に起きた事件からまだ完全に立ち直っていない。

中国系アメリカ人。9歳の時に上海からカリフォルニアへ移住。化粧品会社を経営している。『アジアの瞳』で一躍ベストセラー作家となった友人のアイリーン・チェンとの関係は……

インド人。宗教の勉強をし、若き指導者スワミ・アニシュをグルとするアシュラムを設立する。

南フランス、サン・マリア修道院のシスター。ある日、いつものように静かに祈っていると、突然部屋が光で満たされ、宙に女性が現れる。

イスラエル在住のアメリカ人。ピラミッドについて研究しているヘブライ大学教授。ギザのピラミッドに眠っている秘密のありかを発見し、早速発掘に取り掛かる。

ケニア人のアフリカ太鼓演奏家。西アフリカ、南アフリカなどから集まったメンバーとバンドを組み、アフリカ人の団結を呼びかけている。ある日、サバンナで不思議な物体を目撃する。

ペルーに住むインカのシャーマン。クスコで占いの仕事をしている。先祖代々受け継がれてきた水晶を持っているが、石の目的も使い方もわからない。

富士山麓に住む風変わりな老人。古神道の権威。

モーガン・ブラザーズ(巨大多国籍複合企業)会長。ピラミッド委員会トップ。

WEB版完売の噂の小説ついに解禁。

story2011年、ロンドンで、中山悟は旧友クレアと5年ぶりに再会した。「あなたは特別な人よ」と告げた彼女は、しかし3日後に遺体で発見され、悟も何者かに追われ始める。地球の運命が託された壮大な計画が動きだした。イギリス、インド、フランス、日本、イスラエル、アメリカ、エジプト、ケニア、香港、ペルー、アマゾン、さらには宇宙空間、アトランティス大陸、そして未来の地球へと想像を絶する旅を続けながら、悟は、国籍も人種も違う6人の仲間と出会い、地球の隠された真実を思い出していく。

footer1
Copyright(C)2007 goldentemple2012. All rights reserved.
footer2
footer